製品分類
基幹
会計
給与
勤怠管理
預かり金
おこづかい管理
食数管理
栄養計算
相談業務
相談業務
待機者管理
待機者管理
業務支援
生活支援
リハビリ
栄養ケアマネジメント
通所介護(デイ)
訪問介護(ヘルパー)
ケアプラン
ケアプラン
介護保険
施設請求管理
居宅訪問支援
地域包括支援センター
訪問・通所・福祉用具請求
特定施設請求
小規模多機能
高齢者その他
ケアハウス請求
措置費請求
総合支援請求
居宅介護
児童デイサービス
施設請求
グループホーム・ケアハウス請求
障害児施設請求
児童施設請求

栄養ケアマネジメント

チームアプローチの重要性

栄養ケアマネジメントの実施には、利用者の状況やサービス提供時の経過情報等、たくさんの情報収集をしていきます。その過程でとても重要になるのが「多職種協働」です。

プランの作成の為には、利用者の基本情報はもちろん、血液検査の結果食事の食べられる量身体機能の状態等看護介護機能訓練相談といった複数部門で管理している情報が必要となります。

このように専門職一人ひとりが協力して、多方面からの利用者情報提供を行うことで、より適切なケア提供のプランの作成が出来るようになります。

しかし、プラン作成やモニタリングのたびに、各担当へ情報提供の問い合わせをしていたのでは書類作成だけで時間がかかってしまい、本来のマネジメントをする時間もなくなってしまいます。

そんな栄養士さんの右腕になるのが、「多職種協働」リアルタイムで行いながら、栄養ケアマネジメントを運用できる福祉見聞録システム。栄養ケアマネジメントの一連のプロセスを福祉見聞録で行うことで、よりスピーディーなチームアプローチを実現することが出来ます。

多職種協働

掲示板で進捗チェック

栄養ケアマネジメントではたくさんの書類を作成しなければなりません。

スクリーニングアセスメント計画書カンファレンス実施記録ケア実施記録モニタリングと、1人分の書類だけでも管理が大変です。

福祉見聞録の栄養ケアマネジメントシステムを開くと、プラン作成の進捗を管理することができる掲示板があります。この画面をチェックすることで、どこまで作成が終わっているのか確認ができます。

「Aさんのアセスメントは終わっているけど、計画書の作成はしていなかった。」

「同意をもらっていない利用者がいる!いそいで確認!」

「モニタリングの予定者がいるなあ。今週実施しよう。」

これから何をしなければならないのかが明確になっているので、書類の作成漏れを防ぐことが出来ます。福祉見聞録は、計画書の作成を簡単にするだけではなく利用者のたくさんの情報を管理していくことのできるシステムです。

計画書作成フロー

スクリーニング

スクリーニング結果を入力するだけで、リスクレベル自動判定されます。

また、他職種で管理している「身長・体重」「食事摂取量」等自動取込みすることにより、直近の利用者状況からリスク判定ができます。(※生活支援システム導入の場合に可)食事の摂取記録等を確認するために、介護スタッフの部屋まで足を運んだり電話で問い合わせる手間は、もう必要ありません。

スクリーニング

アセスメント

スクリーニング情報からの自動設定
アセスメントでは、スクリーニング情報と重複している情報は全て自動反映されるので、何度も同じ情報を入力する手間がありません。また、入所ケアプランや、アレルギー・嗜好等(※生活支援システム、栄養計算システム)の情報連動も可能。少ない手間で利用者情報の把握が出来ます。
算定式より簡単入力
必要エネルギー必要たんぱく質量も、必要な情報をチェックするだけで自動計算されます。電卓で計算することなく数値情報も簡単に算出できます。
過去の情報もしっかり管理
アセスメントの履歴管理もできるので、利用者の過去の状況も見たい時すぐに確認が出来ます。また、見直しの際も前回の情報をコピーして変更のあった個所を修正することで簡単に更新。余裕を持ってプランの見直しが出来ます。

計画書作成

栄養ケア計画書を簡単に作成する為のポイント3つあります。この機能を活用することにより一番時間がかかっていた計画書作成も、効率的に実施していくことができます。

課題のチェック
作成したアセスメント参照しながら、プラン作成が出来るので課題は実際のデータに基づいて、探していくことが出来ます。また、アセスメント内容から問題領域自動チェックも可能。本当にケアを必要としている課題を見逃しません。
過去に作成したプラン内容の活用
よく使う課題や目標は、プランを作成しながら自分の言葉でマスタへ追加できます。プランをたてれば立てるほどマスタが充実し、施設独自の参考書のような感覚で使用していくことができます。実際にプランを作成する際には、マスタに登録された文章情報クリックするだけで入力が出来る為、プランのたたき台が簡単に出来上がります。
入所ケアプランとの連動
栄養ケアマネジメントシステムで作成したプランを、入所ケアプランコピーすることができます。プランを1つにまとめて説明や同意をもらうことも可能です。また、入所ケアプランと栄養ケアマネジメントは相互コピーが可能な為、ケアマネの作成したプランを活用することもできます。
ケア計画

カンファレンス

カンファレンス記録もシステムで管理。アセスメント内容ケア計画情報参照しながら、カンファレンスを実施し、記録も直接入力できます。また、計画の内容を引用したい場合にも画面でコピーが可能な為、何度も同じことを入力する手間はありません。

カンファレンスが実施されたかどうか、全体チェックも可能です。

実施チェック・モニタリング

実施チェック・モニタリング

利用者の実施記録経過情報は、みなさんどのように確認しているのでしょう。

スタッフルームに出向いて食事の記録を確認したり、担当者へ電話で確認することが多いのではないでしょうか。「たくさんの利用者の情報を確認する為に、非常に多くの時間を費やしている」そんな悩みを私たちは多く聞いてきました。

福祉見聞録の経過記録では、介護現場食事に関する記録を活用することで、無駄な入力時間を省き、より詳細な経過情報を盛り込むことが出来ます。日々の記録がリアルタイムで反映されるので、仕事をするデスク上でも利用者の状況がよく見えてきます。

多方面から毎日の経過を確認することで、今まで気付くことの出来なかった利用者の状態新たなリスク情報を、確実にキャッチし栄養計画変更の必要性を判断していくことが出来ます。ここでもしっかりと「多職種協働」が実現されています。

おわりに

たくさんの利用者の栄養ケアマネジメントを行っていくには、状態の推移の管理や計画実施に対する経過の確認、継続的な書類の作成など膨大な業務をこなしていかなければならず、業務の負担が非常に大きくなりがちです。

栄養ケアマネジメント業務の中の、書類作成といった事務作業や利用者の情報収集作業の比重をぐんと下げて、本来のマネジメント業務に比重を傾けていく。それを実現できる「福祉見聞録 栄養ケアマネジメントシステム」を是非体験してみませんか?