きめ細やかな機能で毎月の請求処理をより簡単、スピーディーに行います

毎月の概算・精算は、利用者の入所・退所情報、入院・退院情報を登録したあと、計算ボタンを押すだけで計算ができます。請求書の出し方も、複数の印刷形式の中から選択ができます。請求書形式が違う場合もファイル出力機能により、計算結果をExcel等のソフトによって加工ができるようになっています。

請求期間も、一ヶ月ごとの請求から四半期ごとの請求と、措置機関ごとに計算区分を設定することが可能です。また、単価変更時の遡及計算は、差額計算機能がついています。

1.マスタ設定

項目名称や金額など様々な条件を自由に設定できる基準額マスタのおかげで、どんな計算にも対応
被服費加算、期末加算、冬期加算など決まった月にしか加算されない項目も、マスタにあらかじめ設定しておくことで、毎月の計算がスムーズになります。履歴管理ができるので、年度ごと又は年度途中など、いつでも変更が可能です。
利用者ごとの個別加算の設定有無や、階層区分による支弁割合も一覧形式の入力画面にて登録ができます。
マスタ

2.入退院情報

日割り計算も自動で対応
毎月必要な情報として入院日、退院日を入力する画面です。入院期間を自動計算して日割精算を行います。
入退院情報

3.概算処理

概算は一括計算であっという間
一覧形式画面で計算ボタンを押すだけで、あっという間に処理が終了します。また、個別画面で利用者ごとの金額を手修正することもできます。
概算処理

4.精算処理

精算処理も一括計算であっという間
概算処理と同様に、一覧形式画面で計算ボタンを押すだけで処理が終了します。また、個別画面で利用者ごとの金額を手修正することもできます。
精算処理

5.各種印刷

印刷機能も充実
概算・精算合算タイプの請求書や概算精算別印刷タイプ、概算・精算内訳書日割内訳書の印刷は期間指定するだけで、参照・印刷が可能です。レイアウトを変更したいといった場合には、ファイル出力機能を使うとExcel等での加工が可能になります。
請求書

6.支弁額計算

支弁額を自動計算
介護保険利用者は特定入所生活介護請求システムとの連動により自動で介護保険料を表示し、個別の支弁率より支弁額を自動計算してくれます。請求月を指定できるので、難しい再々計算も簡単にできます。また、加算申請書の印刷もできます。
支弁額再請求

7.差額計算

差額計算は何度でも
単価マスタに新単価を登録すると、後は計算ボタンを押すだけで差額計算が終了します。単価マスタは何度でも変更登録できるので、同一期間での複数回の差額計算にも対応が可能です。
差額計算